アグロフォレストリー

アグロフォレストリーとは

森林伐採を少なくすべく生まれた新しい概念・活動「アグロフォレストリー」とは、一体何なのでしょうか。
アグロフォレストリーとは、森林伐採などによる森林破壊をせず、森林をつくりながら農作物や家畜を育て、生産する方法です。
日本語で訳すと「農林複合経営」といいます。
つまり、農業と林業が融合した、画期的な方法のことなのです。
地球上の森林を維持しながら、樹木間で農作物や家畜を育てることで、「生物多様性」を保つことができるのも大きなメリットなのです。
生物多様性とは、地球上のあらゆる生物が共存することをいい、地球上の生物がすべて心地よく暮らせることを願う考えです。
また、森林を生かすことは、樹木が私達に与える「生態系サービス」を保つことにもなります。
生態系サービスとは、自然が我々人間にもたらす多くの資源や利益のことをいいます。
生態系サービスには、食料や水の供給・気候による調整機能・「森林浴」に代表される精神的な利益・光合成によってでる酸素の確保などがあります。
この生態系サービスのほとんどを担うのが樹木なのです。
つまり、自然から受けられるあらゆる恩恵は、森林があってこそのものといっても過言ではないのです。
アグロフォレストリーは、森林伐採が大きな問題になっているアフリカなどの熱帯地域で研究が行われています。
なぜなら、熱帯地域の途上国では、貧困が故に自国の森林を伐採し、開墾していかないと、国民を飢え死にさせてしまうからです。

 アグロフォレストリーとは 

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi