アグロフォレストリー

アグロエコロジーのシンポジウム

アグロエコロジーも、アグロフォレストリーのようにシンポジウムが開催されています。
2009年5月には、恵泉女学園大学で、アグロエコロジーの国際シンポジウムが開催されました。
このシンポジウムの狙いは、やはり「持続可能」というのが一つのキーワードとなっています。
持続可能な環境や社会をつくるための、学問としてのアグロエコロジーはどういうものか、教育プログラムはどうあるべきかを考えるもので、アグロエコロジーの可能性について問うものです。
このシンポジウムには、アグロエコロジーの提唱者であるS.グリースマン教授が来日して講演をしました。
また、S.グリースマン教授のパートナーで、環境教育プログラムLife Labサイエンスピログラムの創立者のR.ジャファ氏、アグロエコロジー研究で活躍されている日本人研究者の村本氏も参加しています。
アグロエコロジーという大きな概念を理解するために、食育や環境教育・食育教育・地域との連携する際の活用・実践などについて論議したもので、アグロエコロジーの概略を知るにはとてもわかりやすい講演だったようです。
このようなシンポジウムは、特定の人だけではなく自分も聴衆として参加できるので、今まさに研究している方の生の声を聞いて、アグロエコロジーとともにアグロフォレストリーについて知ることができる絶好の場となります。
アグロエコロジーは範囲が大きすぎるので、自分だけで詳細まで調べるのは労力がかかります。
そのため、このようなシンポジウムへの参加はとても有意義なものとなります。

 アグロエコロジーのシンポジウム 

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi