アグロフォレストリー

マレーシアのプランテーション農法の問題点

サバ州のアブラヤシが並ぶプランテーション農場を見てみると、一見森林のように見えます。
しかし、実際は森林の機能としては何も果たすことができていません。
熱帯地域の森林の大きな役割には、熱帯モンスーンによる激しい雨を受け止めて保水してくれるというものがあります。
この保水が、人々の飲料水や工業用水になり、提供されてきました。
しかし、開発によって森林が減少してしまったことで、モンスーン気候で長い雨期がきてしまうと洪水が起きてしまい、周辺にある村々で被害がでてしまうのです。
洪水によって土砂が削られ、それが河川に流れると河川は汚れ、河川に生きる魚や川エビの産卵場所がなくなってしまいます。
また、川の流れが変わり、海に出ると珊瑚礁を傷つけてしまいます。
プランテーション農法で大量に使われる農薬やアブラヤシの搾りカスも流れ出てしまい、川や海を汚染してしまいます。
水の保水場所がプランテーション農園によってなくなってしまうと、人口増加が続いているため、水不足の問題が生まれてしまったのです。
このような数多くの問題がプランテーション農法によって生まれています。
しかし、サバ州では、森林を農地にすることに規制をかけているものの、農業生産の多様化が市場経済のなかで行なわれていることで、プランテーションの拡大を押さえるのは非常に難しいのが実情です。
森林破壊による様々な問題が出ているため、アグロフォレストリーにしたいと思いながらも、急速な経済発展を第一優先にしてしまうと、アグロフォレストリーへの変換はすぐにはできない難しい状況ということです。

 マレーシアのプランテーション農法の問題点 

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi