アグロフォレストリー

アグロフォレストリーの地球温暖化に対する効果

二酸化炭素が地球上に多くあることは、私達人間はもちろん、地球上に生きる生物すべてにとって死活問題です。
二酸化炭素は、地球温暖化の原因である温室効果ガスの中で濃度が一番高いといわれ、地球温暖化に約60%の寄与度があるといわれています。
温室効果ガスとは、地球が受け取った太陽からの熱を地球の外に放たれるのを防ぐもので、地球上に熱をこもらせてしまう作用があるのです。
通常、二酸化炭素は陸地また海洋で生物の呼吸などにより放出され、大気中の二酸化炭素の濃度は変動します。
陸地での変動に理由には、生物の呼吸・微生物によって行なわれる土壌有機物の分解・石油などの科学燃料の燃焼による排出が挙げられます。
海洋では、大気中に放たれた二酸化炭素が海水から深海までへと移動したり、プランクトンなどの生物の生命活動によって海水中に溶けた炭素が更に、海水にとけた二酸化炭素の濃度を変動させます。
このようなことから、1990年代の大気中の二酸化炭素は約7800億トンといわれ、毎年約32億トンが追加され、大気中に蓄積されているといいます。
アグロフォレストリーが地球温暖化で注目されている一番の理由は、樹木が持つ二酸化炭素に関わる効果があるからです。
樹木は成長過程で二酸化炭素を吸収します。
実は、成熟した樹木は二酸化炭素を吸収しません。
植え始めてから、伸びきるまでの成長過程で二酸化炭素を吸収するのです。
つまり、まだ大人になりきれていない若い樹木が重要なのです。
アグロフォレストリーは、森林を守りながら・育てながら行なう農法ですので、成熟した森林だけでなく、樹木を育てることも農法の一部に含まれます。
このような点から、樹木を成長させるアグロフォレストリーは、地球温暖化の対策活動にて注目されているのです。

 アグロフォレストリーの地球温暖化に対する効果 

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi