アグロフォレストリー

トメアスのアグロフォレストリーの特徴

トメアスのアグロフォレストリーは、コショウの生産が激減するという打撃を受けなければ、確立されませんでした。
カカオ豆を得たことで、畑に樹木を植えるという混植を始め、そしてまたそれを継続的な方法として定着させたのです。
初めて混植を農業のシステムとして取り入れたのは、日本人移民の故・坂口氏という人物で、彼はアマゾンの先住民が様々な作物を混植して、飢えとは無関係な生活を目にしたことが決定打だったようです。
そこから、日陰でも育つカカオ豆を新たな作物をして採用したのでした。
トメアスのアグロフォレストリーの特徴は、下記のようなものが挙げられます。
・作物は換金できるもの。
・作物が作り出す環境の推移によって他の種類へと変わる遷移型なので、作物は1年目からの収穫が可能。
・複数の作物を平行して育てることにより、商業的に自立できる。
・農薬と肥料が最小限ですむ栽培が可能。
従来の農法は、作物を新たに作る度に森林を切り開いて農地・牧場に変えていくものでした。
それに対しアグロフォレストリーは、様々な種類の作物をいっしょに育てるという方法なので、森林をつくる感覚でつくっていきます。
そして、最後には森を完成させるように育てていくため、環境と共存しながら持続できる農法なのです。
アグロフフォレストリーによるメリットは、経済的に安定し持続的発展につながること・不法伐採を含めた森林伐採から守れる・生物多様性の維持と回復・地球温暖化で問題の温室効果ガスの固定、というものが挙げられます。
トメアスのアグロフォレストリーは畑の環境や収穫時期、収益のタイミングなどで育てる作物の選定をし、さまざまな組み合わせで成り立っています。
コショウなどは短期的な収入源として、果樹などは木が育ちきった後は生産量が落ちますが「木材」としての価値が出るようになるまで育てられ、先々の収入につなげられたりします。
経済的にも安定し、育てたすべてのものが有効活用できるように無駄のない農法なのです。

 トメアスのアグロフォレストリーの特徴 

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi