アグロフォレストリー

トメアスのアグロフォレストリー

ブラジルのトメアスは、カカオ豆のアグロフォレストリーでは有名なところです。
そしてまた、トメアスのアグロフォレストリーは日本人移民が始めたということから、日本にも関わりがあるところなのです。
明治製菓がカカオ豆を仕入れているトメアス総合農業共同組合(CAMTA)は、トメアスにいた日本人移民が設立しました。
日本人移民がトメアスに入ったのは1929年で、入植したばかりの時は、過酷な労働・厳しい環境に生活苦・また風土病に苦しめられました。
しかし、ここで転機が訪れます。
1933年にシンガポールからコショウの苗が入ってきました。
このコショウがトメアスに富をもたらし、それ故に「黒いダイヤ」と呼ばれていました。
コショウによって繁栄がもたらされましたが、1960年頃にフザリウム菌によって根腐病が流行ってしまい、コショウは続々と枯れてしまいました。
その結果、生産量が激減してしまったため、CAMTA(トメアス総合農業共同協会)は、病気のさらなる被害と市場価格の変動を避けるために、コショウの代替としてカカオ豆を提案しました。
カカオ豆は日陰を好む作物で、40%の光があれば栽培できるといわれています。
他の多くの樹木があっても育つことから、彼らは先住民の方法を真似て、コショウとともにカカオを植え始めたのです。
それからコツコツと育て始めた彼らに再び転機が訪れます。
1975年にカカオの価格が高騰し、トメアスのカカオ豆も注目されるようになったのです。
これを機に、CAMTAはコショウを主にし、カカオ豆の他にもアブラヤシやゴム、パッションフルーツの栽培を始め、トメアスの畑・樹木・果樹からと多くの作物が採れるようになりました。
今では他にもアセロラやココナッツ、アサイーなどもつくられています。
このように様々な作物を育てることで、樹木を伐採して畑をつくる必要なく、同じ状態で長期的に作物を得られるようになり、収益も安定していったのです。
トメアスのアグロフォレストリーは、コショウの激減がなければ、生まれなかった方法なのです。

 トメアスのアグロフォレストリー 

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi