アグロフォレストリー

アグロフォレストリーとプランテーション農法

プランテーション農法による一番の被害は、やはり森林破壊です。
森林破壊による様々な問題が出ていることは明らかな事実でありながらも、すぐにアグロフォレストリーに移行できないのは、その国の経済の中核となる作物をプランテーション農法で栽培しているからです。
プランテーション農法によって輸出国としての地を確立した国々が、安定した成果がでるまでに時間がかかるアグロフォレストリーを取り入れると、直近の収益に影響が出てしまいます。
国の経済問題が、プランテーション農法をすぐに変えられない一番の理由でしょう。
大量に使用される農薬も、忘れてはいけない問題です。
自然災害が起こった時に農薬が流れ出てしまうと、環境汚染と同時に、最終的に食料や水を通して人々の口に入ってしまうからです。
アグロフォレストリーでは、農薬や化学肥料に頼らないで自然が持つ本来の生態系の状態で作物を栽培するので、農薬の被害を心配する必要はありません。
そして、大量な労働力が必要なプランテーション農法は、もし今働いている労働者の大半が外国労働者であった場合に、彼らがずっとその地で農業をするとは限りません。
そのため、持続して同じ労働力で栽培を続けるかどうかは保証できません。
アグロフォレストリーは、過大な労働力に頼らずに、次世代にも続く農法として栽培環境づくりに力をいれています。
そのため、労働力が一気になくなったとしても、打撃を受けるというリスクは少ないのです。
効率よく、すぐに収入を得ることができるものの、環境破壊に大きな影響を与えているプランテーション農法と、環境には優しく、次世代にも確実につなげることができるアグロフォレストリー。
アグロフォレストリーが今のプランテーション農法のようになるには、まだまだ時間がかかるでしょう。

 アグロフォレストリーとプランテーション農法 

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi